広島中の+(プラス)体験を集めるWebマガジン 広島CLiP新聞 広島CLiP新聞

公式SNS 広島の耳寄り情報配信中!

自然と人間が共存できるプレイパーク|TomoBioPark(トモ・ビオパーク)

木陰で涼しいハンモック広場にあるのは自然のものを生かした手作り遊具

マツダスタジアムのグラウンド面積より広い約1.7haの敷地を有する安芸郡熊野町の「トモ・ビオパーク」。その広大な公園が、人の手で切り開かれ、人工的なものを加えず作られたとは驚きです。「子どもたちが自然の中で遊び、自然の中から学びを発見してほしい」と願う土地所有者が、自ら開拓を始めたのが11年前。公園は徐々に広がり、2021年には雑貨店や地元野菜の販売所、カフェもオープンしました。

子どもが五感を使って遊べるように

お話を伺った荻野恵美チーフ(左)、菅田(すげた)有美課長

トモ・ビオパークは本当に自然豊かなところですね。

荻野:里山遊びが好きだった社長が、子どもの頃からの仲間と一緒に作り始めたのがトモ・ビオパークです。次世代の子どもたちに、自然の匂い、手触りなど五感を使って感じてほしいと、いつも熱く語っています。

遊具は大きなものから小さなものまで自然素材で作られています
”自己責任で自由に遊ぶ”がモットーなので、入園前に申込書の記入が必要

公園でありながら、既製の遊具が無いのですね。

菅田:遊具は木や竹を使って、社長やその仲間、私たちスタッフが手作りしています。木の枝にロープをつるしたブランコやハンモック、竹を複雑に組み合わせたアスレチックなどがありますよ。

竹を組み合わせたアスレチック。いろいろな遊びができそうです

荻野:例えば、街中の公園にある滑り台は、“滑るもの“と決められていますが、パークの手作り遊具は、子どもたち自身で遊び方を考えるところから始まります。足や腕をのびのびと使って、体の機能も強くしてほしいですね。

子どもたちが自分で遊びを作るのですね。とても楽しそうです。

菅田:竹馬に乗ったり、シロツメクサで冠を作ったり。自然の中で遊ぶ方法は無限にあるので、みんな夢中です。

荻野:これからの季節は、水深の浅い「じゃぶじゃぶ池」やパーク内を流れる川で水遊びを楽しむことができますよ。

新しく塗装されたじゃぶじゃぶ池。小さなお子様も楽しまれています

イベント多彩。BBQやキャンプもできる

イベント開催時の様子

イベントも多く開催されていますね。

菅田:パーク内の畑で野菜の収穫体験や、野外での音楽フェス、寄せ植えワークショップなど、季節に合わせてさまざまなイベントを催しています。2022年4月には、サクラをライトアップした「夜桜イルミ」を開き、夜のパークを楽しんでいただきました。

四季折々の表情を見せてくれるトモ・ビオパークの自然

魅力的なイベントですね。

荻野:パークは自然がテーマ。私たちが何かを作るというより、ありのままの自然が四季を感じさせてくれます。

BBQブースやキャンプ場もあるのですね。

荻野:BBQブースは4ブースあり、イタリア輸入のおしゃれな窯で薪焼きのBBQを楽しんでいただけます。他に、1日1組限定で、個室感のあるBBQVIPブースもあり、家族や仲間と周囲を気にすることなく一日中過ごしていただけますよ。

菅田:キャンプスペースはBBQエリアの近くと、プライベートエリアの2ヶ所あります。BBQもキャンプも、プライベートエリアはペット連れでも利用可能。どちらも予約制で、電話で受け付けています。

テーブルと椅子も用意されたBBQスペース。イタリア製の窯がおしゃれです
プライベートエリアのキャンプ場。ネットの向こう側の広いスペースを1組限定で利用できます

「さとの駅」では熊野地域で収穫された新鮮な野菜を販売していますね。

荻野:野菜の他にも、洋服やバッグなどの服飾系、食器やクッションカバーなどのインテリア系雑貨を販売しています。さらに子どもと遊びにきたママがひと息つけるようなカフェも併設しています。

2021年3月、敷地内にオープンした「さとの駅」
カフェでランチしたり、野菜や雑貨の買い物ができたり。さとの駅だけでも十分楽しむことができます

世界からたくさんの人が訪れる場所にしたい

インスタ映えしそうなノスタルジックな風景が広がっています

トモ・ビオパークの目指す未来を教えてください。

荻野:もっと認知度を高めて、地域の皆さまや広島県内、他県、世界などからたくさんの人が訪れる場所にしたいですね。多くの人と関わりながらみんなと一緒に、子どもたちが自然と生きられるような環境を作り上げていきたいです。

心地良く肌に触れる風、澄んだ空気の匂い、鳥のさえずりや虫の羽音、美しい緑のグラデーション・・・。五感を刺激する自然の中で、子どもの想像力はきっと無限に広がります。それは大人も例外ではないはず。トモ・ビオパークに出掛けたら、まずは両手を広げてゆっくり深呼吸してみてくださいね。

TomoBioPark(トモ・ビオパーク)

広島県安芸郡熊野町2682-210

TEL.082-855-6088

OPEN.平日9:00~17:00、土日祝9:00~17:30(さとの駅のオープンは10:00)※トモ・ビオパークは公園の維持管理のため有料化を検討中です。開始時期については公式ホームページやSNSなどでお知らせします。

定休.火曜

アクセス
広島CLiP新聞編集部(CLiP HIROSHIMA)から車で約30分